2014年11月10日月曜日

ari_背景イラストの描き方 No.03

皆さんこんにちは
今回はari_背景イラストの描き方 No.03の補足記事です。





今回は木の塗り方パート1でした。
毎度のことながらザックリな説明でしたが、
なんとか伝わればと思います。

幹のハイライトですが、
葉っぱを描いてから加筆するといいつつ完全に忘れてました・・・
本当は幹の上の部分(葉っぱのすぐ下あたり)は葉っぱの陰で暗くなります。

今回の動画でのポイントは
1・広葉樹、針葉樹のどちらを描くのか
2・幹は円柱、上に行くにつれて細くなる
3・葉っぱは枝から生えている
4・光の位置に注意する

という4つが一番大きいポイントでした。
ストロークや影のつけ方は動画を参考にしていただければと思います。

他に木にはいろいろな種類があります。
広葉樹だけでも
クスノキ・クリ・ケヤキ・シラカバ・ミズナラ他にもたくさん!
ありますので、自分がどの木を描きたいかを意識するのが大事です。

あとは実物を見に行って写真にとって資料にするのもすごく大事です。

あとはひたすら描くことがやっぱり大事になります!

またブラシですが、今回は前回作ったブラシで描いていますが、
最後の方に木のオリジナルブラシも少しでてきています。
次回の動画ではオリジナルブラシの作り他を解説したいと思います。
Photoshopの利点はいろいろなブラシを状況に合わせて
使い分けれるところにあるので、次回からブラシも少しづつ一緒に作っていければと思います。

それでは簡単ではありますがこの記事で補足説明にさせていただきます。
他にわからないことがありましたら、お気軽にメールなりコメントなりしてください!


次回のブラシ講座も宜しくお願いします。

今回の動画で描いたイラスト↓






















またチャンネル登録もよろしくお願いします!!
https://www.youtube.com/user/aribgillust/feed 

0 件のコメント:

コメントを投稿